(`・ω・´)<ばらんさばらさ

不定期に更新再開しようかなと思う2012年の春

お気に入りサイトの更新情報(仮)

Powerd by ギコあんてな(,,゚Д゚)
このRSSは(`・ω・´)<ばらんさばらさの管理下にあります

スポンサーサイト

  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • Twitterでつぶやく
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ネタバレ】好きな映画にショーシャンクを挙げる女はやれる。ガタカを挙げる女は危険。

  • |はてなブックマーク - 【ネタバレ】好きな映画にショーシャンクを挙げる女はやれる。ガタカを挙げる女は危険。
  • Twitterでつぶやく
    296: サトちゃん(静岡県):2011/01/15(土) 19:34:30.25 ID:nHG5Y9AN0
    ショーシャンクの空に [DVD]

    お前らに高評価だから借りて彼女と観たら刑務所の話で吹いたわwww
    俺の彼女はパコと魔法の絵本みたいなのが好きなんだよ死にさらせゴミども


    続きを読む »

    スポンサーサイト

    映画「あしたのジョー」で力石徹演じる伊勢谷友介(34)の肉体がすごすぎると話題に

  • |はてなブックマーク - 映画「あしたのジョー」で力石徹演じる伊勢谷友介(34)の肉体がすごすぎると話題に
  • Twitterでつぶやく
    1:秘丘、愛液塗れ'φ ★:2010/08/18(水) 13:26:12 ID:???0
     NEWS・山下智久(25)の主演映画「あしたのジョー」(来年2月公開)の役柄写真が報道向けに
    初公開された。矢吹丈を演じる山下と、力石徹役の伊勢谷友介(34)は、ともに体を絞りに絞って
    究極の役作りに励んでいたという。過酷なトレーニングと食事制限で、山下は8.5kg減量し
    体脂肪率も5%まで低下。腹筋は完全に割れ、“ジョーの肉体”に仕上がっていた。

    ◇  ◇

     伝説のボクシング漫画の実写版は、究極の役作りで始まった。

     山下は、3月30日のクランクインの1カ月前から、食事制限とトレーニングをスタート。摂取カロリーを
    1日1200kcalに抑えて、ミット打ちなどのボクシングアクションと筋トレに1日2~3時間取り組んだ。

     6月初旬のクランクアップまで、撮影中も過酷な“肉体改造”を続けた結果、体重は62kgから
    53.5kg、体脂肪率は14%から5%に低下。腹筋は6つに割れた。

     ライバル役・伊勢谷の減量は、さらに壮絶だった。力石がジョーとの対戦のために階級を落とすという
    ストーリーの設定もあり、伊勢谷は体重を67kgから57kg、体脂肪率は15%から3~4%まで落とした。
    体力的に限界で、一度座ると立てなくなり、イライラをぶつけてしまいそうになるとの理由から、
    出番の合間には人けのないところを1人でうろついたという。

     撮影を監修した梅津正彦トレーナーは「腹の強さ、硬さは、僕が見てきた日本チャンピオンよりも
    強くなった」と話す。

     山下は「伊勢谷さんに負けてたまるか!という気持ちで取り組んでいました。『本気で来い』という
    伊勢谷さんと本気で殴り合えたことで『言葉じゃなく心が通じる』というのを身をもって感じることができました」、
    伊勢谷も「ボクサーのすごさを体感することができた素晴らしい経験でした」とコメント。
    “山下ジョーVS伊勢谷力石”の迫真バトルに、観客の視線はくぎ付けとなりそうだ。

    全文
    http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/08/17/0003326278.shtml
    力石徹役の伊勢谷友介
    31000101.jpg
    31009602.jpg

    前スレ
    参考画像

    31000102.jpg
    31000103.jpg
    31000104.jpg
    31000105.jpg

    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1282010512/
    ★1 2010/08/17(火) 11:01:52


    2:名無しさん@恐縮です:2010/08/18(水) 13:27:34 ID:WCqp0lJwP
    伊勢谷かっこよすぎ濡れた


    続きを読む »

    【映画評論】マイケル・ムーア「キャピタリズム~マネーは踊る~」 [09/12/03]

  • |はてなブックマーク - 【映画評論】マイケル・ムーア「キャピタリズム~マネーは踊る~」 [09/12/03]
  • Twitterでつぶやく

    【映画評論】マイケル・ムーア「キャピタリズム~マネーは踊る~」 [09/12/03]



    1 :@@@ハリケーン@@@φ ★[]:2009/12/04(金) 08:38:43 ID:???
     アメリカから「中流階級」が消えている。かつては一家のお父さんたちが工場や
    事務所で真面目にこつこつ働けば、その収入で妻と子供たちを養えるだけの収入が
    得られた。郊外の住宅地に新築のマイホームも持てたし、数年ごとに新車を買い換える
    こともできた。休日には家族揃ってレジャーを楽しむ余裕もあった。子供たちは大学に
    通うことができたし、病気になれば会社の保険で医療費がまかなえ、定年退職後は
    手厚い年金制度で現役時代と変わらない暮らしが維持できた。それは特別なことではない。
    社会の大多数を占める一般庶民は、真面目に働き続けさえすれば誰でもこうした暮らしを
    手に入れることができたのだ。

     だがこうした暮らしは、今や夢のまた夢。企業は国内労働者の人件費が高いことを
    嫌って、工場を国外に移転させていく。国内に留まる企業は労働者たちの賃金を、
    海外の発展途上国並みに低くする。これではいくら真面目に働いても、自分ひとりが
    食べていくのが精一杯。街には失業者が溢れ、保険や年金の制度は崩壊して生活苦が
    人々の肩にのしかかる。しかしその一方で、大企業のトップたちは庶民が一生かかっても
    手にすることができないような報酬を、たった1年で稼ぎ出す。アメリカからは「中流」
    が消えて、ごく一握りの「富裕層」と、それ以外の「貧困層」で構成されるいびつな
    国になってしまった。

     マイケル・ムーアの新作ドキュメンタリーは、そんなアメリカ社会の諸悪の根源を
    「資本主義」だと指摘する。市場に資金を投下することで投資分以上の利潤を生み出す
    資本主義は、世の中のありとあらゆるものを市場に流通させて金に換えてきた。目的は
    利潤を生むことであって、目先の金のためなら法の網の目をくぐって何でも行って
    しまう。「法律違反でないなら金儲けのために何をしてもいい」という自由こそが、
    資本主義を支えている。法律が経済活動を抑制しているなら、政治家に圧力をかけて
    法律自体を変えさせてしまえばいい。国内で法的規制が厳しいのなら、規制のゆるい
    海外に活動拠点を移せばいい。かくして大企業は国際化し、製造業者は労働法規が甘く
    人件費の安い国々へ、排出物規制のゆるい海外へと工場を移転させる。金融業者は
    人間の身の回りにあるありとあらゆるものを金融商品化し、債券化し、組み合わせて、
    世界中に新しい金融商品として売りさばいた。

    ソース:映画ジャッジ!
    http://www.cinemaonline.jp/review/soku/10763.html




    2 :@@@ハリケーン@@@φ ★[sage]:2009/12/04(金) 08:39:35 ID:???
    >1のつづき

     この映画のメッセージは単純だ。「資本主義は悪である」というのがその主張。
    資本主義を批判するなんて、まるで共産主義者みたいに思えるかもしれないが、
    じつは冷戦時代に「共産主義は統制経済で全体主義で悪だ!」と主張し続けてきた
    西側陣営の人々(アメリカ人も日本人も含む)は、いつの間にか「資本主義は経済も
    人も自由で善だ!」と自ら信じ込んでしまったに過ぎない。マイケル・ムーアは
    資本主義に「NO!」を叩き付ける。しかしその先にどんな社会があるべきなのかは、
    これから考えていくべき事柄なのだろう。

    -以上-



    続きを読む »

     | ホーム | 

    FC2Ad

    Amazon

    月別アーカイブ

    最近のエントリー

    人気エントリー

    カテゴリ

    このサイトについて

    リンクフリーです。
    相互リンクなどはメールフォームからお願いします。

    掲載されている記事に問題がある場合は上記メールフォームからご報告ください。
    確認後、適切な対処をさせて頂きます。

    -免責事項-
    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

    If the World Continues …

    blog infomation

    相互リンクなどはメールフォームからお願いします。

    ←twitterやってます。


    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

    アクセスランキング

    リンク

    Perspective on Life

    365 Sex Positions: A New Way Every Day for a Steamy, Erotic Year

    動物オメガ図鑑 カワイイのはクチでした

    深海

    QRコード

    QRコード

    RSSリンクの表示

    ユーザータグ

    生活 政治 社会 民主党 画像 ネタ 海外 経済 朝鮮半島 鳩山由紀夫 IT スポーツ 短レス エロ これはひどい Web 中国 健康 企業 本・書評 性犯罪 菅直人 マンガ 芸能 パチンコ 投資 在日 なんだかなあ 宗教 小沢一郎 皇室  映画 自民党 美容 教育 歴史 喫煙・嫌煙 世代論 PC・Web 動画 マスコミ 女性 携帯電話 文化 TV 大阪 勉強 日本 小泉進次郎 不動産 iPhone 犯罪 労働 都市 学問 Apple 音楽 ゴミ記事  Amazon 外国人参政権 ゲーム 哲学 出版 日教組 農業 住宅 lifestyle 差別 テンプレ ビジネス マルチ商法 モテ・恋愛 マネー 英語 自転車 シナ 田舎 軍事 mobile Google 資源 通信 モバイル 筋トレ オカマの仙谷 尖閣諸島 Twitter フィンランド 語学 生活保護 素読 仏教 エセ科学 宇宙 恋愛 書評 大学 どうしてこうなった 日本史 テロ 男女問題 食品 鉄道 通貨 少女 バイク 雑学 節約 日本人論 在特会 ひろゆき 九条教 料理 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。